『なみだ雨』片岡 伸

2,750円(税込)

購入数

著者:片岡 伸

著者第3詩集。
片岡伸は、光と影によってのみ房総の風土を鋭角的に捉え抉りだすモノクロームにおいて優れた写真家でもある。詩法も同様に、陰影濃い場所や、土地に根を張って生きる人々の闇の前に佇み、静かに凝視しつつ、背後に流れる時間を汲み上げていく。
張りつめた闇の輪郭から/ついに滲みだしてくる光/そんな詩の一行がある/わずかだが/真昼のどんな明るさより確かな一行が/必ずある ( 「五月に」)風土の深い闇に光を見出し、明日への祈りに耳を傾けるのだ。(根本 明・本書「帯文」より)

旧商品コード:namidaame